LibertyFXのガイドライン

リバティFXをご利用いただくには、以下のガイドラインをよくお読みいただき、同意していただけることが必要です。

LibertyFXのご利用条件

LibertyFXは、対応国の言語を理解し、読み書きできる方で、LibertyFXのガイドラインを遵守することを約束していただけ、利用規約に同意頂ける方であれば誰でも利用することができます。

LibertyFXとは

LibertyFXは、2015年7月にFX自動売買ソフト(EA)やコピートレードの提供サービスからスタートし、トレーダーと各種FX会社との懸け橋となってまいりました。そんな中から思い描いた理想するFX会社としてスタートしたのがバヌアツに本社を構えるLibertyFXとなります。

利用料

LibertyFXは、お客様から利用料を請求する事は一切ありません。

口座開設に関するルール

LibertyFXは、口座開設フォームから必要情報を入力頂くだけで口座開設が完了となり、口座番号の発行が行われますが、口座開設に伴う必要書類は出金処理を行うまでに提出する必要があります。また、口座開設に伴う必要書類は、身分証明証(運転免許証、パスポートなど)のコピー、住所証明書(公共料金領収書、クレジットカード会社や携帯電話会社の請求書など)のコピーとなります。身分証明証に記載の住所と住所証明書に記載の住所は、同一でなければなりません。また、身分証明証は、期限内のものとし、住所証明書は、発行から3カ月以内のものとします。口座開設は、第3者が代理で行う事は出来ずご本人で行わなければなりません。

入金に関するルール

LibertyFXは、第三者からの入金は一切受け付けておりません。ご入金を頂く際は、取引口座名義と同一名義からのみ行うことができます。第三者の名義から送られた資金は、判明時に例外なく即座に差し戻しされます。判明時、すでに取引が開始となっており、利益が確定していた場合においても差し戻しは、ご入金頂いた元本のみとなり、利益分は無効となります。損失が確定していた場合は、損失分と差し引いた残高が差し戻し金額となります。必ず、ご入金頂く場合は、取引口座名義と同一名義口座からお願い致します。また、LibertyFXの取引口座へ入金する為には、指定の入金方法のみで受け付けており、マイページへログイン頂いた上で、マイページ内のメニューから「入金(Deposit)」をクリックし、ご希望の支払い方法をお選びください。その上で必要なステップと詳細をご確認頂いた上でご入金完了までお進め下さい。

出金に関するルール

LibertyFXは、第三者からの出金依頼は一切受け付けておりません。ご出金のご依頼を頂く際は、取引口座名義と同一名義からのみ申請を行うことができます。第三者名義で出金申請された場合は、却下されます。また、LibertyFXの取引口座から出金する為には、指定の出金方法のみで受け付けており、マイページへログイン頂いた上で、マイページ内のメニューから「出金(Refund)」をクリックし、ご希望の出金方法をお選びください。その上で必要なステップと詳細をご確認頂いた上でご出金申請完了までお進め下さい。出金に関しまして、より迅速に円滑に行うべく、同口座より直接行わせて頂けます。出金申請は、口座開設に伴う書類を提出頂いている者のみとします。また、クレジットカードでご入金を頂いた方で、一度もトレードを行わずに出金申請された場合、クレジットカード枠の現金化目的などを防止する関係上、カード会社の許可が必要になる為、少しお時間を頂戴する場合がございます。また、クレジットカードから合計5万円を超えるご入金の場合で数回の取引で出金申請をされた場合も同様となります。何卒、ご理解とご了承をお願い申し上げます。

約定に関するルール

LibertyFXの約定率は、0.3秒以内に99.83%となっております。こちらは、お客様の特定の口座単体での数字ではなく、当社のお預かりする注文全体の数字、並びに約定率となっております。市場により定期的に数字が更新される可能性もございます。また、LOT数が大きくなればなるほど、約定の方は難しくなる傾向にございます。こちらは当社のみならず、他社様でも同様となりまして、FX会社をご利用頂くにあたり、基本的な点となっております。予めご理解を頂き、ご注意下さい。

スキャルピングに関するルール

スキャルピングに関しては特に厳しい制限は設けてはおりません。但し、お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり、当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められます場合には、一旦取引停止となる場合がございます。また、場合によっては利用規約第12条10項とし、同規約第20条2項に沿った処置を行わせて頂く場合もございますので、極端な取引はお控え下さい。また、そこまでの処置にはなりませんが、極端な証拠金率における回転率と判断され、注文が入り難くなる場合もございます。ご参考の上、ご心配な場合には一度弊社まで確認のご連絡を頂きますようお願い致します。

指値・決済逆指値に関するルール

指標発表時や市場が大きく変動する可能性があると当社で判断させて頂いた場合には、指値や決済逆指値を頂ける現在価格からの範囲(ポイント数)を通常よりも広げさせて頂く場合がございます。

EA利用に関するルール

EAをご利用の場合、EAのロジック(売買戦略)によっては、予告なくカバー先からのEA利用(自動売買)の一時、もしくは継続しての停止措置が執行される場合がございます。特にスキャルピングEAにつきましては、執行となってしまう可能性が高くございますので、ご理解を頂きました上でご利用をいただきますようお願い致します。

ご本人確認

LibertyFXで口座開設する者は、口座開設に伴う本人確認書類の提出が必要となります。口座開設に伴う必要書類は、身分証明証(運転免許証、パスポートなど)のコピー、住所証明書(公共料金領収書、クレジットカード会社や携帯電話会社の請求書など)のコピーとなります。身分証明証に記載の住所と住所証明書に記載の住所は、同一でなければなりません。 また、身分証明証は、期限内のものとし、住所証明書は、発行から3カ月以内のものとします。

アカウント削除ならびに口座解約申請について

LibertyFXのアカウント削除ならびに口座解約申請につきましては、お問い合せフォームより口座名義本人よりご登録頂いておりますメールアドレスにて行って頂いております。申請頂いてから内容を確認後、3営業日以内にアカウント削除ならびに口座解約を行わせて頂きます。当社よりアカウント削除ならびに口座解約に関する書面などの発行は行っておりません。また、何らかの理由で第3者が代理で行う場合は、口座名義人との関係のわかる書面をご提出頂く必要がございます。

取引報告書について

確定申告などに必要な取引報告書につきましては、ご本人様でMT4より取得されますようお願い申し上げます。また、LibertyFXのアカウント削除(停止処置)ならびに口座解約を行われますと、その時点でログインが出来なくなり、全ての履歴を取り出す事が出来ません。アカウント削除(停止処置)ならびに口座解約を行わる前にご本人様の責任で必要なデータの取得をお願しております。当社側で取得する事は出来かねますので、予めご了承下さいませ。

レイテンシートレーディング(レイテンシーアービトラージ)の禁止

レイテンシートレーディング(レイテンシーアービトラージ)は、異常に短い時間帯で決済が繰り返される事を特徴とし、その結果、大量のトランザクションが発生する事から他のトレーダーの取引に大きく影響する事が判明した為、当社ではレイテンシートレーディング(レイテンシーアービトラージ)に該当する取引につきましては禁止行為とさせて頂きます。該当する取引が発覚または当社が判断した場合、該当する全ての取引を無効にし、お客様がご入金された元本(すでに出金済の金額がある場合は差し引いた金額のみ)を返金し、その後、該当アカウントを削除させて頂きます。また、削除されたアカウントは永久に復活する事はございません。改めて新規でアカウントを作成された場合も、発覚次第、トレード内容に関わらず全ての取引を無効にし、お客様がご入金された元本(すでに出金済の金額がある場合は差し引いた金額のみ)を返金致し、その後、該当アカウントを削除させて頂きます。

その他の重要な規則

利用者がサービスを妨害することはできません。 サービスまたはLibertyFXに関連する事業を妨害しないことに同意します。システムに対して著しく高い負荷を与えないことに同意します。提供サービスやシステムの盲点を上手に狙った悪質とみなす取引を行わない事に同意します。ボーナスやゼロカットステムの盲点を利用した悪質な取引を禁止します。経済指標時やアメリカ雇用統計発表時のみを狙ったトレードも禁止し、平均的なトレードをお願いしております。同一口座内での両建て取引は許可しておりますが、利用規約や当ガイドラインに反する取引は禁止します。短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続した取引を行われる可能性がある場合は、事前にご連絡を頂きますようお願い申し上げます、事前連絡がない場合、カーバー先金融機関から取引停止処置が行われる場合がございます。これらは故意または過失に限らず適応され、判明した場合、該当取引分につきましてはdeal cancelとさせて頂き、利用規約第12条(利用者の禁止行為)10項の当社判断で不適切とみなすトレード行為とみなし、アカウント停止とさせて頂き、利用規約第20条(キャンセル・返品・返金に関して)2項を適用させて頂きます。 提供サービスやシステムの盲点に気付いた場合は、速やかに当社にご報告頂く事に同意します。パスワードおよびIDの機密保持に関しては利用者が責任を負うものとし、パスワードおよびIDを使用して行われたすべての行為に利用者は責任を負います。本ガイドラインの他にも、LibertyFX内には利用にあたって守っていただきたいルールが適切な箇所に記載されていますので遵守してください。利用規約ガイドラインの内容に少しでも不明な点がある場合は、口座開設申請前にお問い合せ頂いた上でご利用下さい。利用者はLibertyFXを利用するにあたって、関連する法律、政令、省令、条例、規則および命令等を遵守しなければなりません。

権利譲渡および商用目的使用の禁止

利用者は、このガイドラインの定めに従って取得した権利義務およびLibertyFXのIDを第三者に譲渡、貸与等してはならないものとします。また利用者はLibertyFXのガイドラインで定める使用範囲、使用方法を超えて、LibertyFXの許可なく商用の目的で使用してはならないものとします。

他の利用者の情報

利用者は、LibertyFXに利用する目的以外には、LibertyFXに利用しているほかの利用者の個人情報を使用しないことを承諾するものとします。また、LibertyFXを利用して他の利用者の個人情報の収集を行うことは禁止いたします。なお、ここでいう個人情報とは氏名、メールアドレス等以外にデータ、文章、写真、図面、絵、音などリバティFXに関連して利用者が掲載、送信したすべてのものを指すものとします。

取り引きに際して留意していただきたい事項とLibertyFXの免責

LibertyFXは、実際の取り引きには関与しません。LibertyFXが取り扱う金融商品は、FXとなり、外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。LibertyFXは、お客様の取引に関する責任は一切負いません。ご自身の判断と責任において行われます。

利用者情報とプライバシーの考え方

LibertyFXが別途定める利用規約とプライバシーポリシーを遵守します。

LibertyFXの削除権

LibertyFXはコンテンツの提供開始前に内容を調べることはありませんが、拒絶、編集、移動、削除を独自に判断する権利を保有します。また、LibertyFXは利用規約(ガイドラインを含みます)に定める事項および利用規約の趣旨に違反する行為が行われたと判断した場合、あるいは他の利用者の権利を侵害もしくは侵害しようと判断した場合には、利用者に通知することなくただちに、該当するIDもしくはコンテンツを削除する権利を留保するものとします。また、LibertyFXは一定期間にわたって利用されていない利用者のIDを削除する権利を保有するものとします。

保証の免責条項

利用者は、以下の事項に同意します。

  1. 利用者は、自己の責任においてLibertyFXを利用します。LibertyFXはLibertyFXが正常に作動することを保証していません。またLibertyFXは、特定の目的への適合性、第三者の権利を侵害しないことなどすべての保証をいたしません。

LibertyFXは以下の事項に関して保証を行いません。

  1. LibertyFXが利用者の要求に適合すること。
  2. LibertyFXの内容およびシステム、プログラム等が安全であることまたはエラーや不具合などが生じないこと。
  3. LibertyFXの利用から得られる結果が正確であること。
  4. LibertyFXを通じて利用者または入手するコンテンツ、製品、サービス、その他のデータが利用者の期待と一致すること。
  5. LibertyFXのWEBサイト上のエラーや不具合等がすべて修正されること。
  6. LibertyFXの利用に関してLibertyFXが提供する情報やアドバイスが的確であること。また、LibertyFXは、システムのメンテナンス等、LibertyFXが必要と判断した場合には利用者に事前になんら通告をすることなく休止する場合があります。

その他、LibertyFXを利用して行われるデータのダウンロードまたは入手は利用者自身の判断と責任で行われます。データのダウンロードや入手から生じるコンピュータシステムの損害、またはデータの損失に関しては利用者のみが責任を負います。LibertyFXを通じて、またはLibertyFXから利用者が入手するLibertyFXのアドバイスまたは情報の提供は、利用者に対する保証を行うものではありません。

責任の制限

LibertyFXの性質、インターネットおよびコンピュータに関する技術上の制約、通信回線などのインフラストラクチャーの技術上の制約などに照らして、LibertyFXは(LibertyFXにおいて損害が発生する可能性を指摘されていたとしても)、

  1. LibertyFXの利用または利用不能
  2. LibertyFXを通じて、またはLibertyFXから提供あるいは入手されるコンテンツ、データ、受信されるメッセージ、実行される取り引きの結果として生じる代用品および代用サービス獲得のコスト
  3. 利用者の送信またはデータへの不正アクセスあるいは改変
  4. LibertyFXに関する第三者のコメントまたは行為
  5. その他LibertyFXに関するあらゆる事柄から生じるいかなる損害に対してもいっさいの賠償責任を負わないことを、利用者は理解し承諾するものとします。

このガイドラインに定めるLibertyFXの免責については、損害発生の直接的原因となる事由に関してLibertyFXの重過失または故意に起因する場合には適用しないものとします。

LibertyFX利用規約との関係

LibertyFXの定める利用規約についても、LibertyFXの利用に関連する部分については適用されます。ただし、このガイドラインとLibertyFXの利用規約が矛盾する場合には、このガイドラインが優先して適用されます。

契約関係の不存在

LibertyFXと利用者の間には、提携、共同事業、フランチャイズ、代理店、業務委託といった契約関係はいっさい発生しません。

告知

利用者への告知は、電子メールまたは各利用者マイページを通じて行われます。また、一般にリバティFXに関する告知、利用規約の変更などは、LibertyFXの中でその旨のリンクを表示することにより行われます。

ガイドラインおよび変更権

LibertyFXが必要だと判断した場合には、いつでもこのガイドラインを変更することができるものとします。ただし、ガイドラインの重要な要素を変更する場合には事前に利用者に通知するものとします。

準拠法の裁判管轄

利用規約またはガイドラインおよび利用者とLibertyFXとの関係には、当社運営国の法律に基づき解釈されるものとし、利用者在住国の法律に照らし合わせるものではありません。利用者は、当社と利用者との間で紛争が生じた場合には、双方で話し合いを行い円満解決を目指しますが、解決困難と判断した場合は、訴額に応じ、当社運営国の有する裁判所とすることに合意します。

権利放棄

LibertyFXが利用規約またはガイドラインに示される権利を行使または実施しない場合にも、当該権利を放棄するものではありません。また、利用規約またはガイドラインの一部が無効とされた場合も、利用規約の他の規定は有効です。